婦人科 診断に必要な正常X 線解剖と正常像 / 異常像の読影とその分析

婦人科

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a. 子宮〈月経周期と子宮内膜等〉 (2016 062015 09) 

b. 卵巣〈月経周期と卵胞等〉 

・子宮動脈:内腸骨動脈から分岐

・骨盤MRIの信号強度(2015 38
 T2強調において

 子宮内膜:信号

 子宮接合層:信号

 子宮筋層:やや高信号

 卵胞:信号

 子宮筋腫:信号

 子宮体癌:信号

 子宮頸癌:信号

 

c. 膣、外陰

 

 

異常像の読影とその分析

A.
子宮頸癌 
2017 492016 492014 542013 562012 51

・子宮頸がん治療ガイドライン2011年版で推奨されている治療法

FIGO分類

組織型

推奨される治療法

5年生存率

ⅠB1期、ⅡA1

扁平上皮癌

放射線治療単独or広汎子宮全摘術

8090

6080

4060

1040

ⅠB2期、ⅡA2

ⅡB

扁平上皮癌

同時化学放射線治療or広汎子宮全摘術(+補助療法)

ⅠB期、

腺癌

原則として手術

期、ⅣA

扁平上皮癌/腺癌

同時化学放射線療法

・組織型  

腺癌:手術がメイン

 扁平上皮癌(基本的に扁平上皮がん):化学放射線治療も可

・治療期間:8週間を超えると予後不良

・病気:期については手術と根治的放射線治療の生存率に差がない

・術後照射はIMRTならば有効

 

b.
化学放射線療法

 局所進行例で推奨されている

 

c.
腔内照射、組織内照射

・線量評価点  

A点:子宮孔より2cm頭側、2cm外側の点

原発巣の線量(病巣線量)の指標(以前は直腸膀胱障害の指標にもなっていた)

B点:骨盤浸潤リンパ節転移の治癒と腸管の副作用への指標

・中央遮へい

:腔内照射併用の場合、アイソセンタ面で幅が34cmとなる中央遮へいをする

  リンパ節領域子宮傍結合織の照射継続を目的とする

 *術後症例に対しては行わない

 




B.
子宮体癌
 (2017 22)

 組織型は癌が大部分を占める

a. 腔内照射   

b. 外部照射

 

C. その他の婦人科腫瘍 

a. 膣癌   

b. 外陰癌   

c. 卵巣腫瘍

 

D. 奇形  

E. 妊娠   

F. 卵巣嚢胞性疾患




 

コメント

error: Content is protected !!