泌尿器 診断に必要な正常X 線解剖と正常像 / 異常像の読影とその分析

泌尿器

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a. 副腎

b. 腎、尿管、膀胱、尿道 
2017 05 112016 102015 19 2014 182013 08 182012 )

腎臓

・腎臓の構成

 皮質:腎小体ボーマン嚢+糸球体+ 近位尿細管

髄質:ヘレンループ + 遠位尿細管 + 集合管

・ネフロン

腎小体尿細管で構成

腎臓の構造上・機能上の単位で、片腎で約100個。

・機能:「血圧体液量塩酸基平衡調整」「老廃物排出

・位置:右が、左が

・重さ:130g×2

・尿の生成

 腎動脈:腹部大動脈から分岐して、腎静脈の後方に位置する 

    腎血流量:1200ml/min

 腎小体(糸球体からボーマン嚢へ):血液をろ過し、原尿(血液から血球や高分子蛋白を除いたもの)にする

                       原尿:100~150ml/min150L/day

 近位尿細管(毛細血管へ):ブドウ糖100%)と水分・無機塩類の大部分の再吸収(能動輸送)

              

 ヘレンループ(毛細血管へ):水分1020%)の再吸収(能動輸送) 

                

 遠位尿細管(毛細血管から):尿素尿酸アンモニアクレアチニンの分泌

     (毛細血管へ):水分・無機塩類の再吸収(ホルモン支配)

 集合管:尿量:1350ml/day

  

腎杯 → 腎盂 → 尿管 → 膀胱 → 尿道

 

c.
前立腺、精嚢   2014 102013 10
d. 精巣  

・前立腺:T2強調で辺縁が信号

      腫瘍はT2信号、DWI信号となる








 

異常像の読影とその分析

前立腺がん 
2017 16 48 572016 19 482015 272013 26 34 572012 21 53

 癌がほとんどを占め、辺縁部位が好発部位である

 予後因子:治療前PSAGleason分類、TNM分類

高リスク群:内分泌療法併用     

低リスク群:外部照射単独または小線源療法

 60代後半に罹患率のピークを迎える

 リンパ、骨(腰椎や骨盤)に転移しやすい

 経直腸的超音波検査で原発巣の検査

 

A.
前立腺癌外部照射
2017 482015 60

 高リスク群では長期(23年)のホルモン療法(内分泌療法)併用

 手術と比較して、男性機能、尿路系機能に対するQOLが高い

 急性障害:下痢、皮膚炎、直腸出血、頻尿

 晩発障害:直腸出血(最も多い)、膀胱出血、尿道狭窄

 

a.
三次元原体照射〈3D-CRT

4門以上の固定多門照射、回転原体照射  

通常:70Gy/35回  

全摘後照射:6064Gy
程度の線量

 

b.
強度変調放射線治療〈IMRT

 5門以上、回転照射

 7478Gy/3739

 寡分割照射:??Gy/26

 

c.
粒子線治療〈陽子線治療、重粒子線治療〉

 

B.
前立腺癌小線源治療
 (2016 ??、2015 602014 59

遠隔転移、余命5年未満は適応外

・低リスク群:I-125シード線源単独

・高リスク群:外部照射との併用、ホルモン療法併用照射

 

a. 低線量率〈LDR〉 

b. 高線量率〈HDR

 

C.
膀胱癌

a. 化学放射線療法:シスプラチン等併用照射

 

D.
その他の泌尿器腫瘍
2016 48

a. 腎細胞癌:淡明細胞型腎細胞がんが最も多い組織型

b. 腎盂癌、尿管癌

c. 精巣腫瘍;所属リンパ節への術後照射

・陰茎がん:電子線局所照射またはモールド照射

 

E. 奇形   

F. 外傷   

G. 炎症   

H. 尿路結石:シュウ酸カルシウムは不透明

I. 水腎症   

J. 腎嚢胞性疾患




 

コメント

error: Content is protected !!