小児・その他 診断に必要な正常X 線解剖と正常像 / 異常像の読影とその分析

小児・その他

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a. 骨年齢  
b.
脳の髄鞘化

・体重に占める水分量 (2014 20

 小児:80%  大人:60%   老人:50

 

細胞内液と外液のイオンの違い (2015 11

 

細胞内液

細胞外液

Cl

4

103

K+

141

5

Na+

10

142

Ma+

多い

少ない

 

細胞の構成要素と特徴 2013 11

構成要素

特徴

★核

細胞の機能を制御する    

・構成:核膜核基質クロマチン核小体

遺伝情報を蓄える器官であり、核膜により細胞質との境界を有している

細胞質

細胞膜

外界細胞内を仕切る膜   

半透明で、選択的透過性がある  

・主成分はリン脂質

ミトコンドリア

・好気呼吸の場     

酸化的リン酸化を行う

・取入れた酸素を使い、脂肪を分解し、ブドウ糖酸素からATPを合成する

小胞体

物質運搬の通路

・粗面小胞体:表面のリボゾームタンパク質を合成する

・滑面小胞体:脂肪リン脂質コレステロールの合成など脂質の代謝

リボソーム

タンパク質合成の場

リソソーム

・物質を加水分解して、異物を排除する

ゴルジ体

・細胞内で合成された物質を濃縮して一時的に蓄え細胞外分泌または排出する

中心小体

1対の管状構造      

・細胞分裂の時の染色体移動に関与する




 

異常像の読影とその分析

A. 神経芽細胞腫  

a. 術後照射

 副腎髄質または傍脊髄部に発生する(交感神経がある)

 -低・中リスク:手術、化学療法

 -高リスク:大量化学療法、移植(TBI)、術後照射

 

B. ウイルムス腫瘍  

a. 術後照射

腎芽腫のことで、集学的治療を施す

 

C. その他の小児腫瘍  

a. 横紋筋肉腫

:基本的に術後照射

b. ユーイング肉腫

:骨・軟部に発生し、集学的治療を施す

  局所ならば放射線単独も可

c. 白血病


D.
悪性黒色腫、胸腺腫など

皮膚がん 

基底細胞がんおよび有棘細胞がん悪性黒色腫など

 

パジェット病(癌):汗器官由来細胞ががん化する表皮内がんの一種

 

E. 奇形 

F. 外傷 

G. 炎症



 

コメント

error: Content is protected !!