乳腺 診断に必要な正常X 線解剖と正常像 / 異常像の読影とその分析

乳腺

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a.
乳腺、乳管等
2016 042014 232013 24

22% A内側上方  7% B=内側下方  

49% C外側上方  12% D外側下方  

5% E=乳頭       5% 全体に及ぶもの 

乳腺の量と乳がんの比率は比例

発生率:乳管>小葉

罹患率:40代後半がピーク

 

異常像の読影とその分析

マンモグラフィの悪性腫瘍の所見
2017 262015 402014 352013 37

・辺縁

:悪性度:境界明瞭 < 微細分葉状微細鋸歯状 < 境界不明瞭 < スピキュラ 

・濃度

:等濃度または濃度

・主な悪性所見

:境界不明瞭、スピキュラを有する高濃度腫瘤、微細線状、微細分岐状石灰化 

 

*スピキュラ:周囲組織を巻き込むような線状構造物で悪性所見

*良性所見:「中心透亮性石灰化
」「粗大ポップコーン」「石灰乳ティカップサイン)」

 

乳がん

 非浸潤がん:乳管や腺葉にとどまっているもの20

 浸潤がん:乳管がん

 パジェット病:1%未満

 急性障害:食道炎皮膚炎骨髄抑制肺炎

 晩期性障害:肺線維症脊髄症、心外膜炎(稀)、心不全(稀)

 

A.
早期乳癌に対する温存乳房照射
 
2016 472015 582013 542012 56

絶対的禁忌:妊娠中患側乳房胸壁に照射歴あり

相対的禁忌:背臥位にて患側上肢の挙上が困難,膠原病色素性乾皮症

       70歳以上で低リスク内分泌療法が実施されるのであれば省略可能

a.
全乳房照射

4550Gy/2528回、エネルギー:46MV

・照射方法

Tilting technique(ビーム軸を5°程度振る方法)、ハーフフィールド法(鎖上含む場合)

  Field in
field
法:dynamic
MLC
で高線量部の線量を下げる方法

 術後20週を超えずに開始することが進められる

 非浸潤性乳管がんにも有意

 

b.
ブースト照射

10
Gy/5
回,腫瘍床の総線量を6066 Gyとする

 

c. 加速乳房部分照射

42.5 Gy/16

 

d.
鎖骨上リンパ節領域への照射

:ハーフフィールドブロック法

 




B.
進行乳癌 
a. 乳房切除後放射線療法〈PMRT

局所領域再発を予防するとともに生存率の向上

線量は温存照射と同様

 

C. 再発乳癌 

a. 乳房内再発、胸壁再発、腋窩再発、鎖骨上リンパ節再発、胸骨傍リンパ節再発

 

D. 炎症

コメント

error: Content is protected !!