呼吸器、循環器 異常像の読影とその分析

異常像の読影とその分析

 肺癌 (2015 262012 24 57

病理組織型 (2013 252012 24

治療のための組織型では小細胞癌と非小細胞癌にわけて考える 

・腺癌

:男性で50%、女性では70% 

  抹消型が多い、GGO陰影が特徴

・扁平上皮癌

30

  肺門部型が多い、空洞影が特徴

・小細胞がん

15

  中枢型が多い

・大細胞癌

:抹消型が多い

 

 *放射線感受性;小細胞がん>非小細胞がん

 

A.
非小細胞肺癌
  (2017 452016 462014 59

・治療の第一選択は手術

・予防照射領域:通常分割法では1.82 Gy
/40
50
Gy

GTV とそのマージン:60 Gy/30 /6 週以上の線量  

I-II 期:1
1.21.5 Gy
過分割照射や3 次元照射での線量増加

早期肺門癌:192Ir低線量率密封小線源を用いた腔内照射

 

a. 定位放射線照射2012 57

末梢型期例

:原発巣のみへの4560 Gy/310 回(48Gy/4回が多い)の短期高線量照射

腫瘍が縦隔に近接し,大線量が正常臓器に照射される場合は不適応

 

b. 化学放射線療法

:手術不能で根治的胸部放射線治療が可能な局所進行非小細胞肺癌

  「N2IIIA期」 「手術不能I-II
期症例」

多発リンパ節転移を除くIIIB
期の局所進行癌」

 

・局所進行癌に対する術前照射

肺尖部胸壁浸潤T3-4N0M0では化学療法との併用も含めて推奨

I-II
期例には推奨されず

 

B.
小細胞肺癌(SCLC
 (2017 452016 462012 54

LD限局型 ED進展

a. 化学放射線療法

手術可能なI
期症例を除くLD-SCLC に対しては化学放射線療法が標準

加速過分割照射法45Gy/30 /3 週が推奨

不可能な場合は通常分割照射5060Gy/2530 /56

化学療法併用のため、通常分割照射法で40
Gy
,加速過分割照射で3036 Gy
脊髄を照射野からはずす

 

b. 予防的全脳照射(PCI

初期治療でCR
が得られた症例にはLDED を問わずPCI
が標準治療

25 Gy/10

 




C.
その他の胸部腫瘍

a.
胸腺腫、胸腺癌 (2016 46

胸腺腫

期までは手術が第一選択、期は術後照射

胸腺癌

:胸腺腫がより悪性になったもので、集学的治療で行う

 

b.
胸膜中皮腫

D.
炎症〈浸潤影、シルエットサイン等〉

シルエットサイン
・シルエットサイン (
2016 30

 本来見えるはずの境界線が不明瞭になる現象

 

・バタフライ陰影

心不全にまつわる所見

 

・空洞影(2014 32

 感染症(結核、真菌など)、肺膿瘍肺がんなどの所見

 

・すりガラス陰影(GGO)        (2017 28)

間質性肺炎または肺がん(腺癌)

 

・結節影 (2012 34

 原発性肺がんや、大腸がん、腎がんなど他の部位からの転移、結核肺真菌症(カビで起こる病気)、非結核性抗酸菌症陳旧化した肺炎良性腫瘍(過誤腫など)など

 

・ブラ

肺胞の隔壁が決壊し、空間になっているもので、気胸の原因となりうる

 

E. 肺気腫、肺線維症〈透過性亢進蜂窩状肺等〉 (2013 35

F. 胸水、気胸〈液面形成等〉

G. 心肥大〈心房中隔欠損心室中隔欠損等〉

H. 大動脈瘤〈真腔偽腔真性動脈瘤等〉

I. 奇形〈ファロー四徴症、エブスタイン奇形等〉

・下肢血栓症:下大静脈フィルター

コメント

error: Content is protected !!