呼吸器、循環器 診断に必要な正常X 線解剖と正常像

呼吸器、循環器

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a.
気管、気管支
 2016 082012 05

・気管気管支細気管支終末気管支呼吸細気管支肺胞道肺胞

 *気管:気管軟骨+平滑筋+結合組織によって外壁が覆われている

 

b.
肺、肺門〈肺区域〉
 (2017 022015 042014 062012 38

*肺葉の数:右:10枚(3+2+5) 

 左:9枚(4+5

*舌区:左上葉S4S5

*右主気管支にのみ中間気管支が存在する

*左気管支の方が長く、右気管支の方が垂直

*肺胞上皮細胞にはがある

*肺胞:総表面積 5060m2で、平滑筋が存在する

*横隔膜は下葉中葉で接している

*機能血管:肺動静脈  栄養血管:気管支動静脈

 

肺気量 2015 162014 14 152013 162012 15

1回換気量TV):安静吸息位(静かに呼吸をしているとき)の1回の呼出量あるいは吸入量。正常500ml

予備吸気量IRV):安静吸息位から吸い込める最大量

予備呼気量ERV):安静呼息位から吐き出せる最大量

残気量RV):最大量を吐き出して、肺の中に残っている空気量  正常1500ml

・機能的残気量FRCERV+RV

・肺活量VCTV+IRV+ERV  正常3000ml

・全肺気量TLCTV+IRV+ERV+RV

・1秒率: 1秒量/努力肺活量×100

・呼吸数:1220/

 

拘束性障害

肺活量の低下は、呼吸する肺の組織が減少したり、胸膜の病気などでみられる

肺の弾力性の低下:肺線維症じん肺間質性肺炎など
  ②胸部の拡張の障害:古い胸膜炎

呼吸運動の障害:筋肉神経の病気


閉塞性障害

1秒率の低下が主な症状

気道閉塞:喘息慢性気管支炎びまん性細気管支炎

★②肺気腫:慢性閉塞性肺疾患COPD







c.
縦隔

各縦隔の存在器官・好発疾患 (2017 03

 

存在器官

上縦隔

胸腺」「気管」「食道」「大動脈弓」「奇静脈

後縦隔

食道」「奇静脈」「下行大動脈」「胸管

前縦隔

胸腺

中縦隔

気管支」「心臓」「肺動静脈」「上行大動脈」「上大静脈


横隔膜 2015 05

・大動脈裂孔

:第12胸椎の椎体前面にあり、下行大動脈

動脈周囲交感神経叢(大内臓神経・小内臓神経など)奇静脈胸管などが通る。

 

・食道裂孔

:第10胸維の高さで大動脈裂孔左前上方にあり、食道と、左右の迷走神経が通る。

 

・大静脈孔

:第8胸椎の高さで腱中心にあり、右寄りに位置する。下大静脈が通る

 

d.
心、大血管
2015 06

・ウィリス大脳動脈輪 (2016 22、 2014 38

 構成:「内頚動脈」「前大脳動脈」「前交通動脈」「後大脳動脈」「後交通動脈」「(中大脳動脈)」「(脳底動脈)」

 

・心臓の前後関係  前←―――――――――――――――→

               右心室」「右心房」「左心室」「左心房

 

脈拍等 (2017 082012 14 15

・総頸動脈(2012 02)

 = 内頸動脈(眼動脈 + 前大脳動脈 + 中大脳動脈 + 後交通動脈+ 外頸動脈 

 

・椎骨動脈(2012 02)

 = 硬膜動脈+前後脊髄動脈 + 後下小脳動脈 + 脳底動脈 (後大脳動脈

 

・奇静脈 (2012 06)

 脊柱の右側を走行し上大静脈に合流。下大静脈の側副路となる

 

・冠動脈 (2012 06)

 大動脈基底部(バリサルバ洞)から分岐している

 

・圧受容体(2014 132012 14

 頸動脈洞大動脈弓心房心室では血圧では呼吸による膨らみを検出している

 

・脈拍:抹消動静脈系での拍動

・脈圧:収縮期血圧拡張期血圧の差 (平均:130/85mmHg

・心臓周期:等容性収縮期 + 駆出期 + 等容性弛緩期 + 充満期

・平均血圧:拡張期血圧+脈圧÷3

・心拍出量:1分間に心臓から拍出される血液量

・一回心拍出量:前負荷心収縮力が大きく後負荷が小さいほど増加する

・血液量:体重の8

・心室壁の厚さ > 心房壁の厚さ
・心房中隔には卵円孔が存在する

コメント

error: Content is protected !!