頭頸部 診断に必要な正常X 線解剖と正常像 / 異常像の読影とその分析

頭頸部

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a. 鼻腔、副鼻腔

副鼻腔 (2014 04

 前頭洞 + 篩骨洞 + 上顎洞 + 蝶形洞

 

b.
口腔
 (2014 04

 舌 + 口腔底(舌と歯ぐきの間)+ 上下の歯肉(歯ぐき)+ 頬粘膜(頬の内側)+ 硬口蓋(口の天井)

 

c.
咽頭
〈傍咽頭間隙、咽頭後リンパ節〉 2014 02 042012 04

上咽(鼻の奥でのどの上の方)

中咽頭(口をあけたときに見える場所)

 上壁:軟口蓋

側壁:口蓋扁桃扁桃腺

前壁:舌根

後壁:のどちんこのところ

 

下咽頭食道の入り口)

左右:梨状陥凹 (好発部位)

喉頭のすぐ背中側:「輪状後部

 

d.
喉頭
 :咽頭の下、気管の上に位置する

 

e.
眼窩

視覚器について (2014 03

・外眼筋 (2016 01

名称

上直筋

下直筋

内側直筋

外側直筋

上斜筋

下斜筋

動作

上内

下内

下外

上外

 

・眼の感覚神経 (2013 02

・眼窩の構成骨

:「上顎骨」「前頭骨」「蝶形骨」「し骨」「涙骨」「口蓋骨」 (2012 02)

 

・涙腺

:眼の上外側に位置する

 

f. 甲状腺

 左葉右葉中葉からなり喉頭の側にある

・副甲状腺:甲状腺の側に4

 

g. 唾液腺

h. 聴覚器〈耳小骨等〉




 

異常像の読影とその分析

頭頚部がんはリンパ節転移しやすい (2016 20

 

A. 口腔癌

a. 舌癌、その他の口腔癌

:機能保存のため、放射線治療は有効

舌癌(口腔がんの50%を占める) (2016 192015 56

 手術が主体ではあるが、期では小線源治療の良い適応

扁平上皮癌がほとんどを占め、舌縁が好発部位           

 

B. 咽頭癌 (2017 452016 452015 562014 52 602012 54

 放射線治療:70Gy / 35

a.
上咽頭癌

手術困難なことが多く、感受性も高いため(化学)放射線治療が第一選択

  唾液分泌障害への影響からIMRTが推奨される

  期:放射線治療単独   

期以外:化学療法併用

 

b.
中咽頭癌

90%以上の組織型が扁平上皮癌で、リンパ節転移は70%、側壁型が60

期:小線源治療を含む放射線単独治療  

非切除進行例:化学放射線療法

 ヒトパピローマウィルス関連の中咽頭がんは放射線感受性が高い

 

c.
下咽頭癌

:リンパ節転移が多く、予後不良である

  早期例:放射線療法  

進行例:手術療法+術後の化学放射線療法

 

C.
喉頭癌
2017 452015 562014 602013 52

a. 声門癌(70%)、声門上癌、声門下癌(

扁平上皮癌が大部分を占め、機能保存の観点から放射線治療が第一選択

Ⅲ-Ⅳ期では化学療法併用で有害事象が増えるが、転移が減り、制御率も上がる

46MV6070Gy/3035

 急性障害:

晩期障害:喉頭軟骨壊死は1%以下といわれているが、治療後も喫煙していると多い

*3部位のうち声門癌は転移を起こしにくい

 

D. その他の頭頸部癌

a. 上顎癌、その他の副鼻腔癌、鼻腔癌

・上顎癌 (2012 29)

3者併用療法が一般的で転移を起こしにくい

 治療方法:周囲に高感受性臓器が多いため、IMRT粒子線治療が推奨される

 

b. 唾液腺癌

 摘出手術が第一選択

 

c. 甲状腺癌

 分化型:悪性度は低い

手術切除」「転移」またはアブレーションのための内用療法   

未分化型:予後不良

 

・目瞼MALT:限局期であれば放射線単独

 

E. 炎症  

C. 外傷




 

コメント

error: Content is protected !!