消化器 診断に必要な正常X 線解剖と正常像

消化器

診断に必要な正常X 線解剖と正常像

a. 食道、胃、小腸、大腸〈二重造影法等〉

食道 2013 06

・構成:2530cmで頸部(入口~胸骨上縁)~胸部(~食道裂孔)~腹部(~胃)の3部位

・生理的狭窄

:「咽頭との接合部」「気管の後ろ」「横隔膜

内腔側から粘膜、筋層、外膜(重層扁平上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、固有筋層、外膜)

 

2016 262015 07
小弯に沿って縦走するひだがある

小腸2016 7 92015 72012 07

・大部分の栄養素は小腸で吸収される
・ファーター乳頭

主膵管総胆管が合流した共通管が

十二指腸下行部に開口している部分

・ケルクリング皺襞

小腸の内壁を構成する輪状ひだ

・バウヒン弁

回腸盲腸の境界にある弁 

 

b. 肝、胆道〈肝区域、肝内胆管、肝外胆管〉

 (重さ:1400g

・肝細胞:2500

・区分:計8葉 (1+3+4) (2016 05

右葉と左葉の境界:カントリー線中肝静脈

右葉の区分け(前後):右肝静脈    

左葉の区分け(内外):肝鎌状間膜

 

・流入血管は肝動脈(栄養)と門脈(機能) (2016 052015 08

・機能

 血糖値の調節:血糖値()  ブドウ糖グリコーゲン(肝臓内に蓄える) .

血糖値()  グリコーゲンブドウ糖(血液中に放出)

胆汁を分泌:外分泌腺。肝細胞で生成。量:600~1,200mL/day  

脂肪代謝:脂肪酸の分解、コレステロールの生成

血漿蛋白の合成:アルブミンフィブリノーゲンの生成

尿素の合成:オルニチン回路により不要のアミノ酸を分解して尿素を合成

解毒作用:血液中の有毒物質を分解し、胆汁中へ排泄

その他:アルブミン血液凝固に関与、造血壊血作用、血液の貯蔵

ビタミンの貯蔵、ホルモンの不活性化、ヘパリン(肝臓ホルモン)の生成など

 

 

c.
 2017 042015 172012 07

・長さ:15cm   

・頭部:ファータ乳頭向きで接する   

・尾部:脾臓向きで接する

・働き:消化作用:消化酵素により栄養素分解

    内分泌作用:インスリングルカゴンにより、血糖値を調整する




 

d.
腹腔

腹部臓器

後腹膜臓器 (2017 04

後腹壁の壁側腹膜より後方に位置する臓器。腹膜により後腹壁に固定されている。この部位の臓器に炎症が起こると腰背部痛が起こりやすいという特徴がある。

腎臓」「十二指腸」「副腎」「腹大動脈」「膵臓」「下大静脈」「尿管」「胸管

 

・腹腔内臓器

腹膜で覆われていない。腸間膜をもっている。

脾臓」「」「小腸空腸回腸)」「虫垂」「横行結腸」「S状結腸」「卵巣」「卵管

 

・微妙な立ち位置の臓器さん:間膜は持っていないが、奨幕に大半を覆われていている。

上行下行結腸」「直腸」「盲腸」「肝臓

 

内分泌系 (2016 032012 19) 

・外分泌腺

:「汗腺」「脂腺」「乳腺」「唾液腺(顎下腺耳下腺舌下線)」「」「膵臓」「涙腺」「前立腺

 

・内分泌腺(古典的内部分泌腺)

:「下垂体」「甲状腺」「上皮小体(副甲状腺)」「副腎」「膵臓ランゲルハンス島」「胸腺」「松果体」「精巣」「卵巣

 

・内分泌腺(現在)

:「視床下部」「心房」「腎臓」「消化管」「脂肪組織

 

消化液とその作用 2014 162013 172012 17

消化液(pH)

分泌腺

作用場所

酵素名

加水分解作用

唾液

(6~7)

11.5L/day

唾液腺

口腔

プチアリン

(アミラーゼ)

デンプン麦芽糖

胃液

(1~2)

3L/day

胃腺

内因子塩酸ガストリン

レンニンペプシン

リパーゼペプシノーゲン

蛋白質脂肪の分解

食物殺菌胃粘膜保護

膵液

(6.7~8)

1.5L/day

膵臓

小腸

トリプシンマルターゼ

キモトリプシン

ペプチターゼ

ステアプシン(リパーゼ)

アミロプシン(アミラーゼ)

ポリペプチドアミノ酸

脂肪デンプンデキストリン

麦芽糖などの分解

腸液

(5~8)

2.4L/day

腸腺

十二

指腸

小腸

ペプチターゼ(エレプシン)

マルターゼサッカラーゼ

ラクターゼ

ポリペプチド麦芽糖ショ糖乳糖などの分解

胆汁

(6.9~8.6)

0.5L/day

肝臓

小腸

酵素なし

脂肪を乳化してステアプシンの働きを受けやすくする

脂肪酸と結合して、吸収されやすくする

蛋白質を凝固させ、分解されやすくする

 

コメント

error: Content is protected !!