内用療法

5. RI 内用療法

A. 対象疾患〈使用核種〉

a. 甲状腺癌、アブレーション〈I-131〉 
b.
甲状腺機能亢進症〈I-131
        2017 記述)

 甲状腺機能亢進症:99%がびまん性甲状腺腫を伴うもの(バセドウ病

自律性機能性甲状結節プランマ病)が1%  非適応

○Na131I

・性質:γ線も出すのでイメージングも可能、有効半減期は約6

・適応:バセドウ病(222MBq)甲状腺がん(3.7GBq→3日間ほど治療室)、残存甲状腺破壊(アブレーション)

・投与量[MBq](Quimbyの式) 2014 50
投与量

・前処置:ヨード制限2週間 (CTの造影剤なども) (2016 36

・効果の発現と副作用:36週間

 

c. 骨転移の除痛〈Sr-89α線放出核種〉

89SrCl 2017 40、記述、2016 39 、2014 49

転移性骨腫瘍の除痛効果(疼痛緩和治療)

効果発現まで12間、持続時間は36ヶ月、反復投与は3ヵ月以上空ける、90%以上は尿排泄される。

 *高カルシウム血症でないことを確認する

 

塩化ラジウム Ra-223 (2017 40記述)

 対象:骨転移のある去勢抵抗性(ホルモン療法が効かない)前立腺がん

 

d. 悪性リンパ腫〈Y-90
標識抗体〉

90YCD20モノクローム抗体ゼバリン2017記述、2013 492012 54

放射性免疫療法

 再発または難治性の「CD20陽性低悪性度」「濾胞性B細胞性非ホジキンリンパ腫」「マントル細胞リンパ腫」に対するマウスモノクローナルを放射標識したもの

 事前にIn-111標識体で集積を確認する

 




B. 投与方法、投与量  
a.
有効半減期、摂取率  
b. 線量計算

c. 退室退出基準 (2017 3383(工学)、記述、2016 352013 78(工学)50(医学) )

治療核種

投与量または残留放射能

MBq

半減期

エネルギー

MeV

製造方法

89Sr 

200 投与量:60kg120MBq

50.5d

1.5 純β核種

核分裂

131I *1 *2

500 投与量:60kg120MBq

8d

0.6

核分裂

90Y

1184 投与量:60kg900MBq

2.7d

2.3β核種

ジェネレータ

223Ra

12(一回当たり)72(一治療当たり)

11.4d

 

アクチニウム系列

1:患者体表面から1mの点における1cm線量当量率(μSv/h)は30μSv/h

2:遠隔転移のない分化型甲状腺がんのアブレーションでは1110MBq

*患者ごとの積算線量計算に基づく退出基準:介護者 5mSv  被ばく係数:0.5

一般公衆 1mSv  被ばく係数:0.25

 

6. 品質保証

A. 放射性医薬品の取扱と管理 a.
放射化学的純度、標識率測定 b. 画像のピットフォール,アーチファクト

コメント

error: Content is protected !!