PET

3. PET

A. PET の特徴

a. 分子イメージング  

b. サイクロトロンと合成装置  

c. デリバリー  

d. 定量解析、SUV  

e. PETPET/CTPET/MRI

 

B. 主なPET 用放射性薬剤

a. F-18-FDG〈ブドウ糖代謝〉 (2014 44)

18F- FDGによる腫瘍PET施行時の留意点 

1)少なくとも4時間以上の絶食摂取制限

2)検査前の運動禁止

  骨格筋へのFDG集積を避ける。咀嚼、発音(会話)の制限も行う。快適な室温で、行儀よく待つ。

  褐色脂肪細胞などへの生理的集積の除外

3)撮影直前に排尿を行う。骨盤領域を精査する場合には膀胱洗浄を行う。

4)FDG検査施行時には閉眼安静を保つ。眼筋視覚野への集積を防ぐ。

 5)投与前に血糖値を測定する

 6)原則禁忌:「妊婦または妊娠の可能性のある女

 

b.
C-11-
メチオニン〈アミノ酸代謝〉 
(2014 43)

c. O-15
標識ガス〈脳循環代謝〉

d.
C-11/F-18
標識アミロイドイメージング

 

C. FDG-PET の対象 
2017 36 392015 452014 442013 46 47

a. 適応疾患

悪性腫瘍早期胃がんを除き、悪性リンパ腫を含む)〉

てんかん〉〈虚血性心疾患〉〈心サルコイドーシス〉〈大血管炎

b. 腫瘍の鑑別診断、病期分類、治療効果判定、治療効果予測

強い集積を呈する腫瘍:〈悪性度の高いもの〉〈リンパ腫

集積が低い腫瘍:〈MALTリンパ腫〉〈T細胞系リンパ腫〉〈高分化腺癌〉〈カルチノイド

*アルツハイマーでは後部帯状回側頭葉内側領域(海馬)で集積が下がる

 




D. FDG 以外の主な対象 

a. アミロイドイメージング〈認知症〉

薬剤:11C-PIB18F-PiB18F-AV-451アミロイドβシンチグラフィ

b. 脳神経受容体イメージング

c. 低酸素細胞イメージング 2014 43

薬剤:18F-
fluoromisonidazole
FMISO

d. 核酸代謝イメージング

4. 試料測定

A. 血液量、血球寿命  a.
循環赤血球量測定  b. 赤血球寿命測定  c. 稀釈法

B. ラジオアッセイ a.
腫瘍マーカー、ホルモン  b. RIAIRMA



 

コメント

error: Content is protected !!