脳血流 / 脳受容体 / 甲状腺 / 副腎シンチグラフィ

A. 脳血流シンチグラフィ 
2017 372015 442013 422012 43

a. 使用薬剤〈I-123-IMP〉〈Tc-99m-ECD〉〈Tc-99m-HMPAO

 

123IIMP

99mTcHMPAO

99mTcECD

131Xe *1

トレーサーの型

蓄積型

蓄積型

蓄積型

拡散性

解析方法

(絶対的定量法)

Microsphere法 *2

ARG法 *2

Patlak
plot

Patlak
plot

内頚動脈注入

吸入

前処置

安眠、甲状腺ブロック

安眠

安眠

安眠

血液脳分配係数

極めて高い

低い

中間

低い

脳内での代謝

代謝(脂溶性のまま)

早く水溶性に代謝

早く水溶性に代謝

1脳循環動態(rCBF)のみ測定可能

2採血が必要

・負荷試験:ダイアモックスによる予備能の評価

 

b. 主な対象疾患〔脳梗塞一過性虚血発作(TIA認知症アルツハイマー病レビ-小体病〉、てんかん

・アルツハイマー:頭頂葉から側頭葉深部海馬領域の血流が低下する

・レビー小体病:後頭葉+頭頂葉の集積低下

 

c. 局所脳血流量

 

B. 脳受容体シンチグラフィ 
2017 372016 402014 47

a. 使用薬剤  b.
主な対象疾患〈パーキンソン病、レビ-小体病認知症、てんかん、認知症〉 

・〈I-123-FP-CIT(イオフルパン)

ドーパミントランスポータシンチグラフィで、123I-β-CITの改良、名称はDATスキャン

  線条体尾状核の集積異常

レビー小体病:非対称の集積  パーキンソン病:尾状核に円状の集積

 

・〈I-123-IMZ〉:中枢性ベンゾジアゼピン受容体シンチグラフィ

  〈てんかん〉の診断

 




C. 甲状腺シンチグラフィ 
(2015 492014 48)

a. 使用薬剤〈I-123-ヨウ化ナトリウム〉〈Tc-99m-パーテクネテイト

b. 主な対象疾患〈バセドウ病、慢性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫瘍〉

c. 甲状腺摂取率 (2014 48

・正常値: 123I3hr5-15%24hr10-40%     

99mTc20min0.5~4% 

・高接種率:35%~「バセドウ病」「プランマー法」 

・低接種率:~7%「橋本病」「原発性甲状腺機能低下症

 

・負荷試験 T3抑制試験:バセドウ病治療効果判定(ホルモンのフィードバック制御の評価)

       過塩素酸カリ放出試験:有機化障害の診断に用いる

 

・診断 分化型甲状腺がんのリンパ、骨転移、肺などへの転移検索:「Na123Iが適する」

   亜急性甲状腺炎:「99mTcO4では描出されない

 

D. 副腎皮質、副腎髄質シンチグラフィ 
2016 312015 41

a. 使用薬剤 b. 主な対象疾患

 

薬剤

集積機序

前処置

特徴

副腎髄質

131I-MIBG

カテコールアミン産生細胞への摂取

三環系抗うつ薬コカインアンフェタミン取込制限

7日間ヨウ素甲状腺ブロック

(ルゴール液orKI粉末)

静注後1-2日後に撮像

診断:「悪性褐色細胞腫

   神経芽細胞腫

   Sipple症候群

副腎皮質

131I-アドステロール

副腎皮質ホルモン前駆物質によるホルモン合成

7日間ヨウ素甲状腺ブロック

(ルゴール液orKI粉末)

エタノールが含まれているので、希釈するかゆっくり投与する

静注後67日後に撮像する

診断:「原発性アルドステロン(高集積)

クッシング症候群(高集積)

負荷試験:デキサメサゾン抑制試験

(正常副腎集積が抑制、左右差が明瞭となる)

コメント

error: Content is protected !!