4. 物理学的QA/QC

4. 物理学的QA/QC

A. QA/QC の意義

a. 放射線治療における不確定要素

b. 不確定要素の算出方法と評価 

・AAPM TG142 
 投与線量の全不確かさ ±5
 空間位置の全不確かさ ±5mm

・ICRU report24
 線量 出力線量 2.5
    標的の線量計算 3
    総合的誤差 5
 幾何学的 機械的変位 5mm
      セットアップと標的の動き 8mm
      総合的誤差 10mm

○統計誤差、偶然誤差

(2015 記述)
・統計誤差
:標的に対する一定の線量の低下

・偶残誤差
:辺縁での線量の低下(低密度媒質で影響は少ない)

  イントラフラクション   インターフラクション  
  シネマティック(系統)エラー  ランダムエラー シネマティック(系統)エラー ランダムエラー
Internal Error

生理的変化

(呼吸性移動対策)

生理的変化

(呼吸性移動対策) 

Target、体重の変化

(再プランニング) 

生理的変化(IGRT)
Setup Error

患者体動

(再セットアップ)

技術的エラー

(IGRTの精度)

(日々の患者位置ずれ)

(IGRT)

B. 外部照射のQA

a. 治療装置、周辺装置〈性能評価、コミッショニング、精度管理〉

b. 治療計画装置〈性能評価、コミッショニング、精度管理〉

 (2016 60)
・スキャンデータ
 「PDD」「TMR(TPR)」「プロファイル(OCR)」「半影部

・ノンスキャンデータ
 「Scp」「Sc」「Sp」「ウェッジファクタ

c. 照射録

C. 小線源治療のQA

a. 治療装置、周辺装置〈性能評価、コミッショニング、精度管理〉 b. 治療計画装置〈性能評価、コミッショニング、精度管理〉 c. 照射録 d. 緊急時の対応

コメント

error: Content is protected !!