PET装置(保守管理)

D. PETPET/CT)装置

a. 消滅放射線の同時計数 

真の同時計数:一対の消滅光子が二つの検出器によって検出されたイベント

 

b. 散乱同時計数 (2017 442015 342012 記述)

散乱同時計数-相互作用によってガンマ線が曲げられたことによって同時計数

 画像の定量性低下やコントラスト低下などの原因となる
 エネルギーウィンドウ幅(通常
350650keV)に依存する

・補正法:「DEW法」
TEW法」
コンボリューション法」
シミュレーション法」

 

c. 偶発同時計数 (2017 442015 342012 記述)

関連性がない二つの消滅光子が同時に計測されたイベント

画像の定量性低下や統計雑音の増加をもたらす

タイムウィンドウ幅(通常625ns)に依存する(通常15ns)

数え落としが無いとすると計数率は放射能(濃度)二乗に比例する

・補正法:「遅延同時計数回路法」
シングル計数法」

 

雑音等価計数率(NECR) 2016 49
 NECR

 PETにおけるSN比の指標

 T:真の同時計数  S:散乱同時計数  k:視野占有率  R偶発同時計数

 

d. 陽電子の飛程と消滅放射線の角度揺動

:平均して0.5°程度揺動する(100cm2.5mmの誤差)

 

e. 2D および3D モード収集 2012 35

PET装置の測定原理2012 記述)

:同時計数を行って、同時計数線(LOR)上に存在する核種の検出を行う。 

・エネルギーウィンドウ:PET装置では少しに幅をもたせ、350keV650keV程度に設定する。

LOR:同時計測での検出単位になり、サイノグラムのひとつのピクセルに対応する。

・特徴:「実測した透過率データ吸収補正に用いる」

「光の減衰時間が短い検出器は最大計数率が高い」

同時計数回路を用いるとコリメータは不要」

「同時計数回路の分解時間:6~25ns

1個の光電子増倍管に複数のシンチレータを対応させる」

・計数率特性:機器の不感時間に大きく依存

・空間分解能(半値幅)線源検出器間距離に依存しない、検出器サイズに依存する

 

DOI(Dose-of-Interaction)検出器 (2016 442013 34

 検出器を積み重ねて、深さ方向の位置の弁別も可能にした

 視野全域(断層面体軸方向)について同時計数線(LOR)の幅が小さく均等になる

 感度空間分解能が改善する

 

検出器2つが対向している

・検出ブロック

:シンチレータと複数の光電子増倍管(PMT)から構成される

複数のシンチレータを1個のPMTに対応させる

検出器が小さい  分解能が高い


・シンチレータ

BGO,LSO,GSO,NaIなどやこれらを組み合わせたものを使用している

溝によって分割されており、この大きさがPETの空間分解能を決定する大きな因子となる

  「リング径が小さい「計数率が高い「感度が高い

 

2D収集 (2012 35)

 セプタ(体軸方向にのみ有効なコリメータ)の使用で離れたリング間での同時計測線に制限を設ける

感度が低く、定量性は高くなる。散乱線成分比率は1020%程度である

 

3D収集 ――― 最近良く利用される

 セプタを使用せず、感度は高くなるが、視野外放射能散乱偶発同時計数の影響が大きくなる

画像の再構成も複雑で長時間となる

体軸方向の辺縁部で感度は低下する

散乱線成分比率は3050%程度であり、より高精度な散乱補正法が必要とされる

 

f. TOF (2018 32

 

○SPECTPETの比較 2016 44

性能

SPECT

PET

定量性

感度

空間分解能

低い(1520mm)

高い(35mm)

吸収補正

やや難(Sorenson,Chang,CT法など)

容易(ブランクスキャントランスミッションスキャン)

2核種同時収集

可能

不可能(511keV一定)

検査室の遮蔽

容易(低いガンマ線のエネルギー)

困難(高い消滅放射線エネルギー)

 

コメント

error: Content is protected !!